賢い活用方法

貸倉庫を選ぶ際には、持っている荷物の量に合ったスペースを選ぶ必要があります。スペースが狭すぎると荷物が入りませんし、広すぎるのはレンタル料金の無駄です。また、取り出しやすいように収納することも大切です。当面使わないものを奥に詰め込んで、使う可能性のありそうなものを手前に入れます。途中で取り出すことを考えて、上手に収納しましょう。貸倉庫をどの場所に借りるかというのも重要で、レンタル料金が安いからといって遠い場所に借りると、いざ必要なものができたときにそこまで取りに行くのがたいへんです。レンタル料金にそれほど違いが見られないなら、近い場所の貸倉庫を選んだ方が、距離的にも気持ち的にも利用しやすくなります。

貸倉庫を借りるときに、忘れがちなのが「空調設備」です。温度や湿度管理がされていない貸倉庫を借りると、カビが発生しやすくなります。収納した荷物が、カビだらけになって使い物にならなくなるでしょう。空調については、単にエアコンが設置されているだけでは不十分で、通気が良いことがポイントになります。契約する前に見学に行って、空調について貸倉庫のレンタル会社にご確認ください。また、荷物を詰め込むときには通気を考えて、荷物と荷物の間にすき間を空けて入れることも大切です。どんなに空調設備が万全だったとしても、すき間なく荷物を詰め込むと通気性が悪くなります。多少レンタル料金が高くなったとしても、空調を重視するようにしてください。