物品保管に便利

貸倉庫とは個人や企業が物品保管のために使用する貸しスペースです。トランクルームと言う呼び方をすることもあります。一口に貸倉庫と言っても大きさや形態はさまざまです。どんなものを預けるかによって貸倉庫の種類を決めるといいでしょう。まず貸倉庫と一般的に呼ばれるものの中には大きくわけて2つあります。トランクルームと呼ばれているものの運営は倉庫会社が行います。レンタルスペース、収納コンテナなどと呼ばれるものは不動産会社などが運営します。これらは運営会社が違うだけではありません。倉庫会社が運営するものは国土交通省の倉庫業法に基づいた運営が行われます。倉庫の中身を責任もって預かることが義務付けられています。一方不動産会社が運営するものは、場所を貸すだけで荷物の責任は持ちません。契約上も賃貸契約となります。

倉庫会社の運営する貸倉庫は、預けた荷物に万が一のことばあった場合に補償されます。セキュリティもしっかりとしています。空調設備の整った貸倉庫もあります。美術品や貴金属などの保管にも向いています。デメリットとしては利用時間が限られていることや、料金が他のものに比べて割高なことです。不動産会社の運営するものは自由度が高いです。物件の鍵も自分で管理し出し入れも24時間出来ます。ビルの1フロアーを収納スペースとしたものや、屋外に輸送用のコンテナを設置したタイプのものなどさまざまあります。デメリットはセキュリティや保管環境が万全ではないことです。屋内タイプならある程度の空調設備があるところが多いようですが、屋外コンテナタイプだと空調はありません。24時間の監視もありませんし盗難などの被害に遭っても補償はありません。ですので季節ものの日用品や、コンテナだとバイクなど大型のものの保管に向いています。